月別アーカイブ: 2013年5月

スマートフォンや携帯の解約費用について




ドラクエ10&FF14をプレイ可能なPC(49,980円)の詳細・購入はこちら

スマートフォンや携帯の解約費用について説明します。

WiMAXやイーモバイルに乗り換えることで、携帯キャリアのパケット料金より
安く使えることを紹介してきましたが、お使いのスマートフォンや携帯を
どうすればお得になるか(解約or最低料金で維持)説明していきます。

①解約する
2年契約の場合、普通に解約した場合9,975円がかかります。
スマホや携帯を分割で購入していた場合は、分割の残りを毎月払っていくことになります。
(基本的に一括で請求されることはないので、ご安心下さい。一括で払うこともできます。)

②最低料金で運用する
ドコモやauは780円のプランにすれば、電話番号はそのままでWi-Fiでネットが使えます。
2つ折りケータイでメール使い放題のプランなら、+315円でメールアドレスも維持できます。
ドコモ→タイプシンプルバリュー(780円)
au→プランEシンプル(780円)
Softbankの携帯は980円、スマートフォンは、1,685円が最低料金になります。
(スマホだとSベーシックパック315円とパケットし放題S 390円が外せないため)

☆スマートフォンや携帯の解約料金まとめ
計算式=9975(解約金)÷780(最低維持費)=12.78…(契約期間)
→ドコモ・auなら契約してから10ヶ月以下で、電話番号が変わっても良い方は解約がお得
→ドコモ・auで電話番号を維持したい方、11ヶ月以上契約している方は最低料金がお得
→Softbankで契約期間18ヶ月未満なら解約がお得

イーモバイルは月額3,880円なので、解約に10,000円かかったとしても、
スマートフォンより2年間で59,000円もお得になります。
自宅の回線も解約すれば、2年間で203,000円もお得になります。

不要になったスマホやケータイを高価買い取りしてもらえます。大手なので、個人情報も安心です。
【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪

通信量の多い方におすすめ。ノーリミットモードは通信量制限なし!
家でも外でも快適インターネット!So-net モバイル WiMAX 2+

ドラクエ10&FF14をプレイ可能なPC(49,980円)の詳細・購入はこちら


関連記事:
STREAM X GL07S(イーモバイルLTE対応スマートフォン)について
LTEスマホ割(イーモバイルLTE)について
HWD13はWiMAXと全国100%のauエリアに対応!

※2013年5月12日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。

スマートフォンや携帯の買取について




【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪

スマートフォンや携帯の買取について説明します。

新しいスマートフォンに買換えたいけれど、契約してから2年経っていない、
仕事や勉強で最新のiPhoneやAndroidが必要という方も多いと思います。

支払がキビシイという方は、前に使っていた携帯に戻して、
新しい端末を高く買取してもらうという方法もあります。

WiMAXやイーモバイルに乗り換えることで、携帯キャリアのパケット料金より
安く使える
ので、不要になった端末を買取りしてもらうことで、更にお得になります。

イーモバイルのSTREAM X GL07Sにすると、月3880円で電話番号とメールアドレスついて、
テザリング(Wi-Fiルーターとして使うこと)も可能・2013年の夏から
Softbank 3Gエリアでも利用可能になるので、現在のスマホが不要になります。
STREAM X GL07Sの詳細・申込はこちら

ネットオフ(スマートフォン買取)のメリット・まとめ
①高価買取が可能(実店舗を持たないため)
②送料無料(通常、ゆうパック60サイズなら600円~1300円かかる)
③15時までの申込で当日集荷(家まで引き取りに来てくれる)
④データ完全削除ソフトBlancco(ブランコ)採用で、個人情報も安心!
⑤査定料・振込手数料も無料!(会社によっては振込手数料が取られることも)
→端末が新しくてキレイな程高価買取してもらえるので、早いほどお得!
【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪

イーモバイルやWiMAXは月3880円なので、解約に10,000円かかったとしても、
スマホより2年間で59,000円もお得・家の回線も解約すれば、2年で203,000円もお得!
STREAM X GL07Sの詳細・申込はこちら

通信量の多い方におすすめ。ノーリミットモードは通信量制限なし!
家でも外でも快適インターネット!So-net モバイル WiMAX 2+



関連記事:
STREAM X GL07S(イーモバイルLTE対応スマートフォン)について
LTEスマホ割(イーモバイルLTE)について
HWD13はWiMAXと全国100%のauエリアに対応!

※2013年5月11日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。

WiMAXのおすすめ機種(2013年度)




GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~

月額3880円で在宅工事不要・速度制限なしで使い放題のWiMAX
ですが、機種ごとの違いがよくわからない方も多いと思います。

WiMAX対応機器の機種によって極端な性能の違いはない
(同じ場所・混雑状況ではほぼ同じスピードになる) ので、
キャッシュバックが大きい所がおすすめです。
とはいえ、1年または2年間使うモノなので、
デザインやバッテリー容量や重さなど好みで選べれば愛着がわいて、
時間が経ってからも楽しく使うことができます。

おすすめジャパンではWiMAXの機器・提供会社ごとにメリット・デメリット
比較して、 ランキング形式で紹介していきます。

第 1 位 (Mobile Slim)
GMOとくとくBB WiMAX


Mobile Slim(モバイルスリム)のメリット:
厚さ8.2mm・67gと小型軽量ながら約12時間の連続通信が可能
上位SSIDで設定しやすく、次回からは約15秒で接続

GMOとくとくBBのメリット:
①キャッシュバックが大きい
Mobile Cubeなら30000円キャッシュバック
②端末料金・初期費用・初月料金が全て無料
※通常ならそれぞれ約19800円+3150円+3770円
③クレジットカードがなくても契約可能
(口座振替またはコンビニ払い)デメリット:
24ヶ月以内に解約した場合、違約金がかかる場合がある
第 2 位(HWD13)
UQ WiMAX(UQフラット+)


Wi-Fi WALKER WiMAX HWD13のメリット:
全国100%のauエリアで利用可能なUQフラット+に対応
3000mhAの大容量バッテリーを搭載

UQ WiMAXのメリット:
①WiMAXと全国100%のauエリアの両方で利用可能!
スマホや自宅の通信をまとめて節約できる!
②3Gは5GBまで・WiMAXは一切速度制限なし
3Gで速度制限になっても月末で解除・WiMAXには影響なし!
③UQ WiMAX(KDDI関連会社)直営の安心感
デメリット:
24ヶ月以内に解約した場合、違約金がかかる場合がある
・ 第3位(Aterm VM3800R)
BIGLOBE WiMAX 2+


Aterm VM3800Rのメリット:
カードサイズで小型軽量。スマホへの給電機能が嬉しい
約6秒のクイック起動、国内メーカー(NEC系)の安心感

BIGLOBE WiMAXのメリット:
①1年のみの利用でも違約金なしで7000円キャッシュバック
2年利用なら17000円CB・定期的にネット回線の見直したい方に!
②端末代(約19800円相当)・初月料金(3880円)が無料!
※最新端末やホームルーターも選択可能!
③ファミ得パックで2回線目が2480円
2回線目が月額2480円で追加可能!家族で同時利用したい方へ
デメリット:
契約更新月以外、違約金がかかる場合がある

数あるWiMAXの提供先の中から、皆様にとってメリットの大きい会社を紹介しました。
WiMAXは月3880円で工事不要・速度制限なしで、仕事やオンラインゲームにも最適です。
2013年5月現在のキャンペーンなので、ご検討中の方はお早めの申込がおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~


※2013年5月2日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。